ひこね芹川駅-南草津

ひこね芹川駅-南草津






hm01.png
hm02.png

情報

初日 2017年05月20日(土曜日)
二日目 2017年05月21日(日曜日)

初日距離 24.5km
開始時刻 13:00
終了時刻 19:00

二日目距離 22.8km
開始時刻 03:00
終了時刻 09:30

初日キョリ測

二日目キョリ測

初日経路

ひこね芹川駅
新登川
安土
近江八幡

二日目経路

近江八幡
野州
草津
南草津


雑文

近江ちゃんぽん

彦根にあった『をかべ』という店が元祖らしいです。
その後、紆余曲折あり『ちゃんぽん亭総本家』
という名前で、展開していったようです。

スープに鰹と昆布の和風だしを使っているのが、
他のちゃんぽんとの大きな違いです。

大麦と小麦

両方ともイネ科に属する植物らしいです。
秋に発芽して春に成長し、初夏に収穫します。
稲の裏作として、栽培が拡大したとの事です。

日本には古来より伝来していて、
鎌倉時代には、二毛作用として拡大しました。

粒の大きさにはそれほど差はなく、
小麦にはグルテンが多く含まれ、
小麦粉として食されます。

大麦は粉にせずそのまま食す事が多いらしいです。
ビールの主原料になる麦芽は、大麦です。
麦飯に使われるのも、大麦です。

滋賀県と麦

そもそも、京都・大阪を支える農業県なので、
水田が多いらしいです。

麦の生産が多い明確な情報はありませんでしたが、
概ね、下記のような理由のようです。
・二毛作として麦を生産
・数年に1度、米の変わりに小麦を生産するルールがある?
・農繁期の作業が稲と分散できるから
意外と難しいです。

近江商人

近江国外に進出して活動した商人を、
を近江商人というらしいです。

年代によって、活動規模が違うらしいですが、
大規模になったのは、彦根藩の経済政策で
農民が農閑期に行商を行った事が理由らしいです。

大きな理由は、主要街道が通るので地域
だったからではないでしょうか。

近江兄弟社メンターム

基本的には皮膚のケア用のようですが、
虫さされなど幅広く使用できるらしいです。

安土城

歩きながら話した説明、思いっきり嘘でした。

織田信長によって建築され、
本能寺の変の後まもなく、
何らかの原因によって焼失したそうです。

駐車場先の山道を登っていけば、
天主台後や二の丸跡があるそうです。

東海道と中山道の分岐点

史跡的には、草津あたりで商店街を抜けた
ガード下の所に『草津追分』があったようです。
町の方々がお掃除していたあたりです。

国道1号線との合流は、風呂屋直前の交差点前にあった、
セブンイレブンの駐車場で、合流してました。

  • 最終更新:2017-05-23 12:00:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード