南草津-三条大橋

南草津-三条大橋






mk01.png
mk02.png

情報

初日 2017年11月11日(土曜日)
二日目 2017年11月12日(日曜日)

初日距離 7.3km
開始時刻 13:00
終了時刻 15:30

二日目距離 12.5km
開始時刻 03:00
終了時刻 06:30

初日キョリ測

二日目キョリ測

初日経路

南草津
餃子の王将 近江大橋東店
近江大橋
由美浜
漫画喫茶

二日目経路

漫画喫茶
大津駅
山科
蹴上
三条大橋

雑文

近江大橋

昔から歩行者は無料だったようですが、
車は有料だったらしく、2013年12月に無料化になったようです。
全長は、1,290m。1km越えでした。
新富士川橋が1,553mらしいので、若干長いです。

旧東海道としては、さらに南側へ行き、
琵琶湖が瀬田川と名前が変わる場所まで行き、橋を渡ったようです。

八坂神社

元々、祇園神社という名前だったらしいですが、
神仏分離令により「八坂神社」名前が変わったそうです。
祇園祭はこの神社の祭礼です。

八坂の塔

京都には4つの五重塔があるようです。
建立は最古らしいですが、
高さは、東寺の五重塔に次ぐ二番目らしいです。

東本願寺

真ん中にある御影堂ですが、
畳は、927枚だったようです。

京都の市電

最大、7系統の市電が走っていたようです。
1978年に廃止された最後の市電は、京都市内を環状線に走っていました。
一番道幅があった五条通は、市電は走っていたなかったようです。

第一旭

手前にあったラーメン屋さん【新福菜館本店】も、有名店だったようです。
麻布十番に支店があるらしいので、各自で確認してみてください。

回想録(1日目)

苦節8年。実質7年。
歩け歩け東海道、最後の旅。

京都まで、残り20km弱なので、
ウィニングラン状態。
お気楽な旅。
日曜日には、ホテルを予約するという豪華旅行。
もう、観光気分丸出し。

南草津駅に集合すると、駅に見覚えがない。
前回の記憶がほとんどない事に気づく。
こんな駅だったかなと。。。

色々調べた所、前回は東口でゴール。
喫煙所を探して、今回降りた駅が西口だった模様。

一応、京都発祥の餃子の王将でランチ。

店を出ると天気雨。
歩け歩けで何度か雨に見舞われたが、
雨具というかカッパを来たのが1回。
ゴミ袋を来たのが1回。
カッパが活躍する事なく、旅を終えそう。

近江大橋に差し掛かる頃には、雨も止んでくる。
江戸時代にはこんな大きな橋は無くて、
移動手段は船だけで大変だろうなと、江戸時代に思いを巡らす。

後で調べると、江戸時代は琵琶湖を迂回するだけで、
当時も橋を渡っていた模様。

早めの漫画喫茶に入店。
夕飯は回る寿司。
ビール二杯でやめておく。

最後の夜が更けていく。

回想録(2日目)

寝過ぎたのか寝相が悪かったのか、
節々が痛い。

03:00。最後の12kmが始まる。

意気揚々と満喫を出る。

いきなり京都とは逆側に歩き出す。
もう駄目。緊張感が無さすぎ。

大津駅周辺は道が細すぎる。
最後なのに、道がわかりにくい。
何度か迷いながら、国道1号に出る。

京都までは、2つの坂道を抜ける必要がある。
その一つが、山科へ向かう第一の山道。

ダラダラ続く山道。
景色も変わらないので、飽きてくる。
名神高速道路のインターあたりで若干迷いながらも、
山科に到着。
朝食を食べる。

現在地を確認すると、すでに三条通にはいっていた。
そして、最後の坂道に入る。

浄水場あたりで下り道になる。
『蹴上』という珍しい地名を抜けると、
三条大橋はすぐそこ。

動画を撮影しながら、歩け歩け東海道のゴールである、
三条大橋の西側に到着。

弥次喜多像を撮影し、歩け歩け東海道は、一旦終了です。
お疲れ様でした。

  • 最終更新:2018-10-20 14:13:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード